千本今出川の浄土院さんの写真です。
門前の写真だけです。閉まっていますが、予約すれば拝観できるそうです。

浄土院(湯たくさん茶くれん寺)の写真素材

豊臣秀吉の逸話にはお茶のはなしがいくつかあります。
石田三成のお茶の出し方はあっぱれでしたが、このお寺はお茶を乞うたらお湯が出たというちょっと笑えるおはなし。
北野大茶会に向かう途中に秀吉公がのどが乾いたので、このお寺に立ち寄りました。
住職の尼さんは太閤殿下の突然の来訪にドギマギして、貴人に提供するに値するようなお茶が出せないので、一杯目はお茶を出したもののおかわりにはお湯ばかり出したところ、「湯たくさん茶くれん寺」というネーミングをいただいてしまったということです。


八幡市の西遊寺さんも同様に湯たくさん茶くれん寺の名前がついています。
逸話は同じで、秀吉公の行程が異なります。