sozai_head.jpg

京都の神社 一覧

与謝野町の倭文神社の写真です。
倭文と書いて「しどり」「しとり」と読む。...読めません。
創建は古く700年頃、鎌倉時代にはこの地に遷座されたとされ、長い歴史を誇っています。

倭文神社(与謝野町)の写真素材

鳥居から本殿まで真っ直ぐの気持ちの良い参道です。

倭文神社(与謝野町)の写真素材

東大路通りに面して建つ新熊野神社の写真です。
いつも青々とした巨大なクスノキが壮観です。平清盛が植えたという歴史あるクスノキ。

新熊野神社の写真素材

拝殿には夏越の祓の茅の輪が出ていました。

新熊野神社の写真素材


新熊野神社の写真素材

山科の大石神社はかの赤穂義士大石内蔵助良雄を偲んで建てられた神社です。
年の瀬の四十七士の行列は、毘沙門堂からこの大石神社までをお侍さんたちがぞろぞろと歩きます。

大石神社の写真素材

大石内蔵助さんは本殿に向かって座っておられます。

大石神社の写真素材


大石神社はお花見の名所でもあります。その名も大石桜。大きな枝垂桜で、御神木です。

大石神社の写真素材

北山大橋のたもとに建つ石井神社は、伏見稲荷の一の峯からこの地へ勧請され建てられた神社です。
いまではこのあたりの氏神様としても大切にされています。

石井神社の写真素材

赤い鳥居に赤い八重桜。

石井神社の写真素材

文子天満宮の写真です。
文子(あやこ)とは、菅原道真公の乳母をしていた多治比文子さんのこと。
文子天満宮は、京都にいくつかありますが、まずは天神信仰発祥の地といわれる東本願寺のそばの文子天満宮

文子天満宮の写真素材

他の文子天満宮は、北野天満宮の境内や満願寺の境内にあります。

宇治の平等院のそばの県神社の写真です。
木花開耶姫命を祭神とし、縁結びや安産子授けの神様として知られています。6月の縣まつりのときはたいへん賑わいますが、普段はひっそりとしています。

県神社の写真素材


県神社の枝垂桜はソメイヨシノより早く満開を迎えていました。

県神社の写真素材

きぬかけの路沿いに建つ住吉大伴神社の写真です。仁和寺と龍安寺のあいだにあります。
このあたりの氏神様です。元々は大伴家持などで知られる大伴氏の氏神で、平安遷都とともに奈良から移ってきた歴史ある神社です。

住吉大伴神社の写真素材

住吉大伴神社の写真素材


こちらはきぬかけの路に面したほうの写真。

住吉大伴神社の写真素材

地面にゴムベルトが落ちているの気になりますか。

大山崎の離宮八幡宮の写真です。
創建は860年。中世には荏胡麻油の発祥地として栄え、いまも油の神様として信仰を集めています。

離宮八幡宮の写真素材

幸神社は、しあわせじんじゃと読んでしまいそうですが、さいのかみのやしろ
御所の東北の鬼門を守護する位置に建つ小さな神社です。石碑には出雲路幸神社とあります。

幸神社の写真素材

猿田彦大神を祭神とし、鬼門除けのほか、縁結びや芸能上達にもご利益があるそうです。
社殿にはお猿さんの絵馬がびっしり。

幸神社の写真素材

嵐山渡月橋のほとりに建つ櫟谷宗像神社の写真です。
知らなくても、モンキーパーク岩田山の入り口にある神社といえばわかるかもしれません。

櫟谷宗像神社の写真素材


縁結びのご利益でも知られる神社です。

櫟谷宗像神社の写真素材

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ