sozai_head.jpg

京都の神社 一覧

宇治橋の北に建つ彼方神社の写真です。
想像力をかきたてるようなネーミングの神社ですが、祠がひとつと石と灯籠だけ。かなたではなく、おちかたと読むようです。
源氏物語の椎本の古蹟の石碑が立ちます。

彼方神社の写真素材

久御山町の雙栗神社の写真です。双栗神社とも書きます。
住宅地に囲まれていますが、鎮守の森はとても広く、巨木もたくさんあります。
特に本殿北に立つクスノキは立派で、根元には小さなお稲荷さんが祀られています。

雙栗神社の写真素材


本殿は室町時代の建物だそうです。色褪せてはいますが装飾がファンタスティック。

雙栗神社の写真素材


宇治の木幡、旧奈良街道沿いに西向きに建つ許波多神社の写真です。
夕方の強い日差しに照らされる鳥居。

許波多神社の写真素材


許波多神社本殿と田中神社が二棟並んで建ちます。

許波多神社の写真素材


本殿の北に境内社が4つ並んでいます。普通の民家が借景になっています。

許波多神社の写真素材

五ヶ庄にも同名の許波多神社がありますが、元々はひとつの神社だったということです。

宇治の巨椋神社の写真です。
この日は秋のお祭りで、お神輿や屋台も出て賑やかでした。

巨椋神社の写真素材


巨椋神社の写真素材

福長神社の写真です。
御苑の西、室町通りに面して西向きに建つ神社です。小さな拝殿の向こうに小さな本殿があります。

福長神社の写真素材

平安時代からあったという福井神(さくいのかみ)と綱長井神(つながいのかみ)が合わさったものですが、聚楽第の中に取り込まれたり、聚楽第の取り壊しのため移転させられたり、さらには天明の大火で焼失したりと多難な歴史を経て今の小さな神社に。

前にひょろっと立っていた御神木さえも無くなって、なにもない空間が増えていました。

福長神社の写真素材

京都御苑の西のほうに建つ霊光殿天満宮の写真です。

霊光殿天満宮の写真素材


鳥居の「天下無敵 必勝利運」の額が頼もしい!
これは蒙古襲来に由来するもので、祈祷により元が撤退したということで、後宇多天皇より賜った額なのだそうです。
徳川家康も若いころ祈願に来たといいます。

霊光殿天満宮の写真素材

霊光殿天満宮の写真素材
天下無敵のお守りもあるそうです。大きな勝負をする方は持っておくとよいかもしれません。

上御霊神社の西に建つ猿田彦神社さんの写真です。
平安遷都の直前793年に建てられた神社で、元は大きな神社だったようです。応仁の乱などですっかり燃えてしまいました。
いまでは猫の額ほどの敷地になりましたが、歴史をつないでいる価値はあるのだと思います。
上御霊神社が管理しているそうで、この日もきれいに掃き清められていました。

猿田彦神社の写真素材

亀岡市千歳町の愛宕神社の写真です。

亀岡 愛宕神社の写真素材


全国にある愛宕神社の総本宮といわれていて、「元愛宕」と呼ばれる神社です。

亀岡 愛宕神社の写真素材

鎌倉時代に建てられた本殿。国の重要文化財指定。

亀岡 愛宕神社の写真素材

亀岡 愛宕神社の写真素材

境内には巨木がいくつも立っており、神域らしい雰囲気です。

亀岡 愛宕神社の写真素材


亀岡の穴太寺のそばに建つ小幡神社の写真です。
道路から少し下って境内に入ります。
円山応挙の家もこの神社の氏子だったそうで、応挙の奉納した絵馬が残っています。

亀岡 小幡神社の写真素材

上高野の御蔭神社の写真です。

御蔭神社の写真素材

薄暗い山林の中に建つ神社で、社殿にたどり着くまでに山道をけっこう歩くことになります。

御蔭神社の写真素材


下鴨神社の境外摂社で、5月12日の賀茂御蔭祭が有名。

御蔭神社の写真素材


このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ