sozai_head.jpg

京都の寺院 一覧

恵美須神社の十日えびすの夜のものすごい混雑ぶりの写真です。
ほんの少しの距離なのに拝殿に辿り着けません。

恵美須神社の写真素材


普段はがらーんとすっきりした境内です。

恵美須神社の写真素材

よそにはないしゃれた本堂を持つ十念寺さんの写真です。
前庭もいつもきれいに手入れされています。

十念寺の写真素材

1431年の創建で、この地には桃山時代に移っています。
この本堂が建ったのは1993年。一心寺の住職の設計だそうです。

十念寺の写真素材

大徳寺黄梅院さんの美しすぎるお庭、千利休作庭の「直中庭」は残念ながら撮影不可。ここに掲載する写真は前庭のみです。
苔とカエデ、前庭だけでもきれいです。つづきはご自分で足をお運びいただくしかありません。

初夏の黄梅院前庭の写真。

大徳寺 黄梅院の写真素材

晩秋の黄梅院前庭。

大徳寺 黄梅院の写真素材

千本通に建つ千本ゑんま堂さんの写真です。
本堂には閻魔さんが祀られていて、迫力のある恐ろしげなお顔をしています。こどもが初めて見たら泣いてしまうでしょう。

千本ゑんま堂の写真素材

ゴールデンウィークの念仏狂言、それから、花冠ごとぽとりぽとりと落ちる普賢象桜も有名です。

千本ゑんま堂の写真素材

千本ゑんま堂普賢象桜の写真素材

赤い提灯も似合っています。

千本ゑんま堂普賢象桜の写真素材


千本ゑんま堂普賢象桜の写真素材

知恩院の塔頭の松宿院さんの写真です。
小さなお庭はよく手入れされています。

松風天満宮の写真素材


うわさの怖い顔の狛犬を見せていただきました。黄色い陶器の狛犬です。

松風天満宮の写真素材

千本通りの上品蓮台寺さんは桜の美しいお寺です。
聖徳太子が創建したと伝わり、かつては十二の支院があったので、十二坊とも呼ばれています。いまは三つになっています。

上品蓮台寺の写真素材


拝観寺院ではありませんが境内はいつも開かれています。

上品蓮台寺の写真素材

ソメイヨシノ・紅枝垂桜が散ってからは、八重桜が咲き、長い春を楽しめます。

上品蓮台寺の写真素材


弘法大師が桜に包まれています。

上品蓮台寺の写真素材

山崎聖天にお参りするにはまず、攻撃的な角度の石段を登らねばなりません。
登り切れば、平らな場所に本堂や聖天堂が建っています。

山崎聖天の写真素材

創建は899年ですが、幕末にこのあたりは戦場になりお寺も焼失。いまあるお堂は明治期の再建です。

山崎聖天の写真素材


山崎聖天の写真素材

石段の下の稲荷神社も紅葉のきれいな場所。

山崎聖天の写真素材

寺町の仏陀寺さんの門前の写真です。
本尊の阿弥陀様は平安時代の作。

仏陀寺の写真素材

倒蓮華寺は「さかれんげじ」。
知らないと読めません。知っていてもつい、たおれんげじと読んでしまいそうです。
さて、新京極の繁華街に建つ倒蓮華寺さんは、安養寺というお寺。
1018年の創建で、現在の地に移ってきたのは1580年頃、桃山時代のことです。
ご本尊の阿弥陀さまの乗っている蓮台が上下逆さだということで、倒蓮華と呼ばれるようになったそうです。

安養寺(倒蓮華寺)の写真素材

西山の秘境といえば、金蔵寺さんとこの三鈷寺さんでしょうか。
「天空の名所」ともいわれる景色の良いお寺で、徒歩で登るのはなかなかたいへんですが、善峯寺の拝観をして裏口から出るのがもっとも簡単な行き方だと思います。

表の山門はいたって普通な高低差を感じない見た目です。

三鈷寺の写真素材


三鈷寺の写真素材


反対側ははるか大阪まで見渡せる絶景。この石段を登ってくるかと思うと冷や汗が出ます。

三鈷寺の写真素材

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ