sozai_head.jpg

京都の寺院 一覧

慈雲院さんの写真です。相国寺境内から外へ出て北西に建つ塔頭のお寺です。慈照院さんのお隣り。
1450年代の創建。

相国寺 慈雲院の写真素材


拝観寺院ではありませんが、門は開かれています。

相国寺 慈雲院の写真素材


庫裏の前のお庭も山門前もとてもきれいです。

相国寺 慈雲院の写真素材


相国寺山内の北側に建つ豊光寺さんの写真です。
通常はガッチリと門が閉まっているので、中をうかがい知ることはできません。

相国寺 豊光寺の写真素材

いまのところ写真はこれだけです。

相国寺境内の北側に建つ塔頭、長得院さんの写真です。
19歳で亡くなった室町5代将軍足利義量の菩提寺で、その法名がお寺の名前になっています。
通常非公開のお寺ですが、以前には特別公開されたことも。
訪れた日は完全に閉まっていましたので、また機会があれば見てみたいと思います。

相国寺 長得院の写真素材

相国寺塔頭の光源院さんの写真です。
1421年の創建。元は広徳軒といいましたが、足利義輝の菩提寺となったことで、その法号をとって光源院と改名しました。
義輝といえば暗殺された13代の将軍ですね。

相国寺 光源院の写真素材

本堂や庫裏は1988年に再建されたもの。山門も同じでしょうか。木の色が新しいです。

相国寺 光源院の写真素材

相国寺の鐘楼の東に建つ大通院さんの写真です。
相国寺修行道場であり、拝観できるお寺ではありません。

相国寺 大通院の写真素材

迫力のある字で「相見謝絶」と書かれています。左側の文字はさらに迫力があり...、わたしには読めません。

相国寺 大通院の写真素材

霊雲院さんの写真です。
非公開のお寺ですが、京の冬の旅での特別公開の他、普段の坐禅会などで拝観する機会はあるようです。

妙心寺 霊雲院の写真素材

妙心寺山内の雲祥院さんの写真です。
関ヶ原の戦いの少し前の創建。鶴松ゆかりのお寺です。徳川家康が豊国神社や祥雲寺をつぶしてしまったあと、祥雲寺住職だった海山和尚が妙心寺内にあった自坊を「雲祥院」と名付け、ささやかな抵抗を示したのだといわれます。

雲祥院の写真素材

八幡市の男山のふもとに建つ神応寺さんの写真です。
秋はカエデやイチョウが色づききれいです。書院は伏見桃山城の遺構だそうです。

神応寺(八幡市)の写真素材


境内からケーブルカーが来るのを眺めるのが楽しみです。

神応寺(八幡市)の写真素材

大徳寺山内の徳禅寺さんの写真です。
元は船岡山の東に広大な敷地を持つ大寺院でしたが、応仁の乱で焼失。一休宗純の力添えでいまの位置に再興されて、大徳寺の別院となりました。
江戸期には沢庵和尚が住んでいたこともあるそうです。

大徳寺 徳禅寺の写真素材

非公開のお寺です。

大徳寺 徳禅寺の写真素材

大徳寺山内の養徳院さんの写真です。
足利将軍家の菩提寺。養徳院の名前は足利義満の弟、満詮の法号に由来します。
境内には茶室「閑雲席」があります。

大徳寺 養徳院の写真素材


このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ