sozai_head.jpg

京都の寺院 一覧

大徳寺山内の龍光院さんの写真です。大徳寺全体の南西にあり、向かい側は民家が並んでいるので、外から見るだけでは特別なお寺という印象はありません。
しかし龍光院といえば、星が美しくきらめく国宝の曜変天目茶碗を、あの茶碗のプラネタリウムを、所蔵しているお寺なのです。
そして、茶室「密庵席」のある書院も国宝。他にもまだまだ国宝を所蔵しています。

大徳寺 龍光院の写真素材

残念ながら、いつも拝観謝絶です。

大徳寺 龍光院の写真素材

木漏れ日が美しい参道。

大徳寺 龍光院の写真素材

桂駅の近く、けっこう交通量の多い道路(旧山陰道)沿いに建つ地蔵寺さんの写真です。六地蔵めぐりのひとつで桂地蔵寺とも呼ばれています。

地蔵寺(桂地蔵)の写真素材

大善寺さんとも共通しますが、普段の境内はモノが少なくすっきりとした感じでした。

地蔵寺(桂地蔵)の写真素材

東寺の南側、九条大宮を下がったところに建つ大通寺さんの写真です。
三代将軍の源実朝が鶴岡八幡宮で暗殺されたあと、その夫人本覚尼が建てたお寺。のちの時代も、北条・足利・豊臣・徳川氏に保護されて現在まで残ったということです。
遍照心院とも。(写真準備中)

大通寺の写真素材

大覚寺の北西に建つ称念寺さんの写真です。
小さなお庭はとてもきれいに手入れされています。

称念寺の写真素材

大覚寺塔頭の覚勝院さんの写真です。
大覚寺の塔頭はここひとつだけです。

覚勝院の写真素材

本堂には十一面観音と歓喜天を祀り、嵯峨聖天と呼ばれています。

覚勝院の写真素材


嵯峨野の大覚寺の西のほう、田んぼの中に建つ観空寺さんの写真です。
いまは観音堂がひとつと集会所がひとつだけですが、広く町名に観空寺の名が残っているのでかつては大きなお寺だったことがわかります。

観空寺の写真素材


右側が観空寺。中央左にまんだら山の鳥居形が見えます。

観空寺の写真素材


案内板や参道も整備されて迷わずに行けるようになりました。

観空寺の写真素材


福王子の交差点から北へ進んだところに建つ妙光寺さんの写真です。
幕末には勤王の志士たちを支援し拠点となったお寺で、そのために新撰組の焼き討ちを受け、堂宇をほとんど焼かれてしまったそうです。
近年、少しずつ再興が進んでいるお寺です。

妙光寺の写真素材

予約拝観のみですが、山門は開かれており、ぶらっと訪れても前庭には入ることができました。

妙光寺の写真素材

円山公園の奥に建つ小さな吉水弁財天堂さんの写真です。安養寺の境外のお堂です。
紫陽花が少し。

吉水弁財天の写真素材


紅葉も少し。

吉水弁財天の写真素材

和束町の毘沙門寺さんの写真です。
本堂。

毘沙門寺の写真素材

境内からの見晴らしが良いです。茶畑があちこちに見え、さすが茶源郷という景色。

毘沙門寺の写真素材

清水寺塔頭の成就院さんの写真です。
東山(高台寺山)を借景にした「月の庭」という素晴らしいお庭がありますが、中へ入ると撮影不可ですので、門前の様子を一枚。

成就院の写真素材

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ