sozai_head.jpg

京都の行事 一覧

東本願寺のハートの写真素材
ハートといえば、どこの寺社でも猪目の形の金具などが使われています。

ハート形の猪目窓で人気を集めているのは宇治田原の正寿院さん。
いわゆるインスタ女子殺到の幸せを呼ぶインスタ映えフォトジェニック寺!
(写真準備中)

梅雨どきになると、紫陽花が咲くお寺や神社ではハート形の紫陽花探しが始まります。

三室戸寺の紫陽花ハートの写真素材

京都の紫陽花寺、紫陽花神社といえば、藤森神社・善峯寺・三室戸寺・岩船寺・揚谷寺・福知山の観音寺・智積院・三千院など。
ハート紫陽花を一番アピールしているのは宇治の三室戸寺さんでしょう。

そのほか、
石垣にはまっている岩のハート形、石畳のハート形、樹々のあいだから見上げる空のハート形
四葉のクローバーやミッキー探しと同様に、ハート形を見つけたときの幸せアハ感は特別ですね。


いくつか掲載します。
まずは、三室戸寺の紫陽花ハート

三室戸寺の紫陽花ハートの写真素材


ハートの紫陽花は探せばどこでも見つかる可能性はあります。
こちらは長福寺さんの紫陽花ハート

長福寺の紫陽花ハートの写真素材

東福寺方丈のハートのサツキ。
サツキの咲く時期は通天橋より方丈の拝観を優先してみてはいかがでしょうか。

東福寺方丈のハートのサツキの写真素材

3色カラーできれいな東本願寺のハート。

東本願寺のハートの写真素材


いつかニュースになった北山大橋の中州ハート。
自然に消えるので誰にも迷惑はかかりませんが、法律的にはアウトだそうです。

鴨川のハートの写真素材


鴨川のハートの写真素材


あとでまた追加します。

梨木神社の御神木「愛の木」の葉っぱのハート形。
上賀茂神社の摂社片岡社のハート形、葵の形の絵馬。
八坂神社の摂社大国主社のハート形、葵の形の絵馬。
福知山城のハート石。
圓光寺のハート石。

など。

新緑がさわやかな賀茂街道を行く葵祭の行列。路頭の儀。御所から上賀茂神社。とても長い長い距離です。

葵祭の行列

上賀茂神社に入ってきた葵祭の行列。斎王代と童女たち。斎王代も腰輿を降り、みなさん静かに歩きます。もう夕方4時近くになっています。このあとの社頭の儀はここからは見えません。

葵祭の行列

あちこち至るところに葵桂が飾られています。もうだいぶん萎れています。

葵祭の行列

中門には桂の枝がたっぷりと。

葵祭の行列




京都 葵祭におすすめのホテル

京都嵐山花灯路の写真です。

寒い寒い12月の風吹きすさぶ嵐山渡月橋が闇にくっきり浮かびました。
山はブルー・パープル系の灯りで照らされます。
嵐山花灯路

寒々しい色だけれどきれいだ。
京都嵐山花灯路


竹林の小径も美しく照らされています。野宮神社から大河内山荘庭園までの道です。
嵐山花灯路 竹の小径

ひと回り歩くと相当な距離になります。
たいへんな露地行灯の数です。準備にはたいへんな労力がかかっていることと思います。
嵐山花灯路 竹の小径
京都嵐山花灯路(きょうとあらしやまはなとうろ)は2005年から続く京都の冬のイベント。灯りと花の路と題して露地行灯が延々と設置され足元を照らします。
夜間特別拝観は、常寂光寺・野宮神社・宝厳院・法輪寺・落柿舎・大河内山荘庭園など。さらに嵐山モンキーパークいわたやま・嵐山通船・嵯峨野トロッコ列車・嵯峨美術大学なども夜の公開や運行があります。

早春は『東山花灯路』。初冬は嵐山の『嵐山花灯路』。
東山花灯路の写真はこちら


お正月の京都らしい写真をアップしていこうと思います。
まだこれから増やしていくつもりですが、どうなるかわかりません...。

お正月の京都

お正月の京都


お正月の京都


お正月の京都


お正月の京都

望遠レンズも持っていないので、毎年山の近くまで行って五山送り火を撮っています。
なにしろ1年にひとつしか撮れないので、なかなか写真が撮れません。
しかも1時間も燃えていませんから、失敗したらまた来年〜です。
ようやくここまで来ました。いやはや。

京都五山送り火の舟形を至近距離から。
舟形のふもとのゴルフ場からの撮影です。2011年8月16日
五山送り火 舟形

こちらは松ヶ崎の北山通の近くから見た妙法の法の字。
2012年の送り火です。
下のおうちの丸窓がちょっとおしゃれ。
五山送り火 妙法

こちらは清涼寺の北側あたりから見た鳥居形の送り火。
2013年の送り火です。 鳥居形の送り火

鳥居形の送り火

近所のひとが犬の散歩をしながら送り火を見物。のどかな風景です。 京都 五山の送り火 鳥居形

広沢池の灯籠流し。鳥居形の点火の前です。 京都 広沢池の灯籠流し

こちらは銀閣寺近くから見た大文字の送り火。
2014年の豪雨のあとの送り火です。 五山送り火 大文字

五山送り火 大文字
大雨洪水警報の中の送り火です。鴨川の河川敷は泥水の下に。どんな天候でも命がけでやり遂げるそうです。すごいです大文字保存会! 五山送り火 大文字

こちらは船岡山近くから見た左大文字の送り火。
2015年の送り火です。雨予報だったからか人出は少なめ。京都府警の発表は6万人。
左大文字の送り火

宝ケ池の球技場から見た妙法の妙の送り火。
2016年の送り火です。わかりにくいですが土砂降りの中の送り火でした。
妙の送り火

京都国立博物館(きょうとこくりつはくぶつかん)

京都国立博物館のプロジェクションマッピングの写真です。 京都国立博物館 プロジェクションマッピング

タイトルは、「琳派400年記念プロジェクションマッピング 21世紀の風神・雷神伝説」 京都国立博物館 プロジェクションマッピング

京都国立博物館 プロジェクションマッピング
事前申込み制なので、会場は混雑しすぎることもなく、落ち着いて鑑賞できる雰囲気。 京都国立博物館 プロジェクションマッピング
ただ、寒すぎるので途中で会場を後にする家族もちらほら。
25分間、じっと見ていると体の芯まで冷えて、手先の感覚がなくなりました。
ごらんになる方は防寒対策をしっかりしてください。 京都国立博物館 プロジェクションマッピング
京都国立博物館 プロジェクションマッピング
京都国立博物館 プロジェクションマッピング
大きな月が水に映ります。 京都国立博物館 プロジェクションマッピング

東山花灯路(ひがしやまはなとうろ)

まだかなり寒い3月前半に開催される京都 東山花灯路
最終日の前日の土曜日に行ってきました。
そぞろ歩くには寒すぎるのですが、たくさんの人出で、にぎわっていました。
ねねの道や石塀小路の両側にはロームのLED行灯(露地行灯)が並べられて良い風情。
石塀小路の曲がりくねったところ。 京都 東山花灯路  無料画像
夜空に浮かぶ祇園閣。 京都 東山花灯路  無料画像

大谷祖廟の参道。 京都 東山花灯路  無料画像

長楽館 万華鏡 光と音のファンタジー。 京都 東山花灯路  長楽館 無料画像

狐の嫁入り行列には出会えませんでした。

小塩の上げ松

小塩の上げ松は愛宕信仰に基づく地域の火の祭典。京都府無形民俗文化財。
訪れた年は30分以上も火が入らず見物人はやきもきして見守っていましたが、 もじに火がついて燃え上がると破裂音が鳴り響き迫力がありました。 小塩の上げ松

広河原松上げ

広河原の松上げは、愛宕信仰に基づく火の祭典。20メートルの大傘に向けて火のついた松明を投げ上げ火をつけます。
実際に見ると大傘はとても高く届かないように思えますが、何度かのトライで火が入り、やがて激しく燃え上がります。 広河原の松上げ

車折神社

鳥居から枝を伸ばしているのはカエデの木。 車折神社


車折神社の万灯祭


お盆の行事「車折神社の万灯祭」は夜の10時まで灯りが点いています。
暗い中にも参拝者がたくさんおられます。

車折神社の万灯祭


車折神社の万灯祭

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ