sozai_head.jpg

京都の雪 一覧

鞍馬寺(くらまでら)

鞍馬寺の雪景色写真です。
山門はそれほど積もっていませんが、本堂まで登ればかなり深い雪に。
京都 鞍馬寺の写真素材


雪の日にもお参りの方はちらほらとおられました。 ケーブルカーも動いています。 鞍馬寺の雪景色
本堂前の金剛床の三角のスポットはたくさんの人が掘って立ったらしく、そこだけ雪がありません。 鞍馬寺の雪景色

京都 鞍馬寺の写真素材


奥の院への入り口。さらに雪が深くなります。
京都 鞍馬寺の写真素材

妙満寺(みょうまんじ)

雪の日の「雪の庭」です。妙満寺さんは岩倉のちょっと辺鄙な場所にあるので、「雪の庭」を見ようと思ってもなかなか行きにくいのです。(叡電の駅から5分ほどですが) 妙満寺の雪景色
妙満寺の雪景色


静かです。 妙満寺の雪景色

雪の朝の平安神宮大極殿(だいごくでん)。
6時半頃でしたか、早朝一番乗りではありませんが、神職さんもお詣りの方もみな外側を縁取るように歩かれますので、真ん中には足跡がまったく付いていません。

平安神宮の雪

平安神宮の写真

平安神宮の桜の写真

清水界隈の雪景色

JR東海そうだ京都行こうのポスターにもなった二年坂(二寧坂)です。3つの傘が印象的です。

二年坂の雪の写真素材


こちらはあけぼの亭の枝垂桜が美しい三年坂(産寧坂)を見おろして。

三年坂の雪の写真素材

せっかくなので、足跡のないほうが写真素材としては使いやすいかと思い、足跡をひとつひとつ消しました。
時間がかかりました。二年坂の写真、どうぞお使いください。

二年坂の雪の写真素材

清水寺(きよみずでら)

少し雪の積もった朝一番の仁王門。

いわゆる「清水の舞台」です。寄棟造・桧皮葺きで139本の柱に支えられて崖に立っています。江戸時代の再建ですが、もとは坂上田村麻呂が長岡京の紫宸殿を賜わったものとされ、寝殿造風の豪壮優美な建物。舞台からは市街を一望できます。 清水寺の雪

清水の舞台から子安の塔のほうを眺めて。 清水寺の雪

だんだん空に色がついてきました。 清水寺の雪

清水寺の雪 清水寺近辺の旅館はこちら


清水の舞台を子安の塔から見たところ。雪。 清水寺の雪

遠くの山に雪。

音羽の滝も朝はだれもいません。
山科の琵琶湖疏水の雪景色です。 琵琶湖疏水の雪景色
よく雪の降る朝。 琵琶湖疏水の雪景色
追加しました。桜と菜の花で有名な安朱橋から東のほうを撮りました。
琵琶湖疏水の雪景色 安朱橋
琵琶湖疏水の桜はこちら
巨大なクスノキが目をひく青蓮院さんの雪景色。 雪の青蓮院門跡
雪の青蓮院門跡
障子や扉を開け放たれた室内はとても寒く、特に足が冷え冷え〜。 雪の青蓮院門跡

雪の中の霊鑑寺さん。
拝観は春まで待たねばなりません。

雪の霊鑑寺

次は、紅葉の時期の霊鑑寺の写真です。
特別公開が終わり、また山門の閉ざされた霊鑑寺。まだ赤いカエデが残っています。

秋の霊鑑寺の写真素材


秋の霊鑑寺の写真素材


中の写真、追加しました。
山門が開くと向こうにはカエデの朱が見えます。

秋の霊鑑寺の写真素材

秋の霊鑑寺の写真素材

椿のころとは歩くコースが変わっています。

秋の霊鑑寺の写真素材


秋の霊鑑寺の写真素材


一面の苔に朝日が差します。

秋の霊鑑寺の写真素材

銀閣寺の門前を左に行くと八神社。
その先は大文字山の登山口ですが、この雪ではやめておきましょう。 雪の八神社
南禅寺さんの雪景色。
雪の中でも参拝者はちらほらと。 南禅寺の雪
南禅寺の雪

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ