山科は京都市内中心部よりはだいぶん雪が多く降ります。 といっても積もるのは年に数回ですが。
毘沙門堂も雪景色は素敵です。 こちらは改修前の本殿。
まっすぐ本堂へと登る急な石段。
仁王門から南を見て。
毘沙門堂 門の雪景色

仁王門越しに見る本堂。
毘沙門堂 仁王門の雪景色

カメラマンに人気の勅使坂。地面の雪はもう融けていました。でも今朝カエデに積もった雪はきれいです。


いつも閉まっている勅使門。
毘沙門堂 勅使門の雪景色

宸殿前の立派な枝垂桜般若桜も真っ白です。
毘沙門堂 枝垂桜の雪景色

石段は融けていても、こちらはまだだいじょうぶ。真っ白です。
毘沙門堂 本堂の雪景色

鮮やかな本堂は雪景色にもマッチします。
毘沙門堂 本堂の雪景色

横長の山水画とでも言いましょうか。渡り廊下越しの弁天堂の雪景色が素晴らしい。高台弁才天。
毘沙門堂 弁天堂の雪景色

拝観開始の時間までじっと待って、中に入ります。
本堂裏からみる高台弁才天。

晩翠園。ここの雪景色を見たのはひさしぶり。
朝日が差し始めると、一気に雪が融け出します。

雪のない冬の写真も載せておきます。
冬の毘沙門堂


冬の毘沙門堂


紅葉で有名な勅使坂もスッカスカですが、これはこれで清々しい。
冬の毘沙門堂


初詣には石段の下まで行列ができることもあります。
初詣の毘沙門堂